<< Webだよりの目次に戻る印刷用画面 >>

【07.03.04】3月議会報告 妊婦健診無料拡大

平成20年度から5回以上に拡大すると答弁

 3月議会の3つ目に質問したのは妊婦健診無料化の拡大についてです。
 妊婦健診は任意のため医療保険の適用対象外ですが、出産までの受診回数は平均14回にのぼり、費用は1回約5000円、血液検査を伴うと1万〜1万5000円程度かかります。出産世帯の負担軽減が求められています。
豊田市では、現在2回が無料となっています。大村市議は、県内各市の無料化の状況を問いました。
答弁では、5回以上を無料にしている市が13市あり、主な市では、大府市が14回、江南市・知立市が10回、刈谷市・高浜市・碧南市が7回無料となっているというものでした。
大村市議が、無料回数の拡大を求める中で、平成20年度から5回の無料化のために準備し、さらに、他市の状況をみながら拡大の方向を検討する旨の答弁がされました。一歩前進です。
しかし、大村市議が紹介した厚生労働省の通達では、14回程度を公費負担することが望ましいとしており、さらなる拡大が求められます。

<< Webだよりの目次に戻る印刷用画面 >>

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)